葉酸で人間力UP大作戦【人にとってかなり大事な成分】

医者

大阪で不妊治療を受ける

看護師

不妊の原因には様々なものがあり、原因を特定して不妊治療に入るまでに、様々な検査などのステップがあります。そのため、不妊治療をはじめるには早いほうがよいのです。大阪にも多くの不妊治療専門の婦人科がありますので、口コミを参考にしてよいクリニックを探しましょう。

Read More

選び方

医者

川崎にはいろいろな産婦人科があります。分娩を行なっていない病院や妊婦健診から分娩までできる病院もあります。なので、インターネットや直接病院に問い合わせてみて、特徴を調べましょう。時期を見て分娩の予約をしましょう。

Read More

不妊治療で使う排卵誘発剤

薬

排卵誘発剤は卵子と精子が出会う確率を上げる事ができるので、不妊治療をしている夫婦の強い味方となっています。しかし個人差はありますが副作用の危険性もあるので、医師に相談して判断のもと治療方針を決める事が大切です。

Read More

葉酸の働きと必要性

妊娠している方は元気な出産をサポートしてくれる葉酸サプリメントを飲みませんか?コチラにおすすめ商品が紹介されていますよ!

体が資本ですよ。葉酸を摂取して健康的なライフスタイルを過ごそう。サプリで簡単に摂取出来るため手を出しやすいです。

葉酸とは

看護師

葉酸は、文字通り植物の葉など緑色の部分に多く含まれる栄養素です。水溶性のビタミンB群の一種で、ほうれん草の「葉」から1940年代に発見されました。このため、「葉」のラテン語の「folium」と「酸」の「acid」から「folic acid」と名付けられました。また別称で、ビタミンMと呼ばれる事もあります。葉酸を多く含む食品には、ブロッコリー、ほうれん草、豆類(えだまめ・インゲンなど)、レタス、アスパラガス、オクラなどの緑黄色野菜の他、いちごなどの果物類、動物性食品のレバー(鶏・牛・豚など)にも多く存在しています。葉酸は人間の体内では、核酸やアミノ酸を合成する際に必要な補酵素として働きます。このため、細胞分裂や新陳代謝を活発におこなう組織では、葉酸は必ず必要になってくるのです。

どんな時に必要な栄養素か

近年おこなわれた国民健康・栄養調査によると、通常の日本人では葉酸の推奨摂取量を満たしています。しかしながら、妊娠時、抗がん剤などの薬の投与時、血液透析などの条件下では、欠乏する時があります。特に妊娠初期の女性は、体内で細胞分裂やDNAの複製を多量におこなっているため、不足しがちです。この時期の葉酸の欠乏は、正常な胎児の育成を妨げ、神経管欠損症(NTD)など胎児の先天性奇形が高まるとされています。これを受け、厚生労働省は葉酸の一日あたり0.4mg以上の摂取を、妊娠を希望する女性に対して推奨しています。妊娠は気付くのが数週間後になる事も多い為、妊娠の1か月以上前から妊娠3か月に摂取し予防効果が発揮できるよう、早めの摂取を心掛けるのが大切です。葉酸は水溶性のビタミンのため、過剰摂取の心配は少ないとされていますが、サプリメントなどを用いる場合は、量に注意して摂取するようにすると良いでしょう。

お子さんを望んでいるにもかかわらず男性不妊で悩むことはとても辛いですよね。こちらではそんなあなたをサポートする体制が整っていますよ。